FC2ブログ
日本人の誇りを取り戻そう!
現代日本が腐ってしまっているのは、戦後の自虐史観が原因だと思う。
プロフィール

masa

Author:masa
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

Google
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
産経新聞と朝日新聞


■【主張】同友会提言 中国干渉に手を貸す恐れ
 経済同友会は小泉純一郎首相の靖国参拝について、日中関係改善のために「再考が求められる」と自粛を求める提言を行った。なぜ、この時期に提言など出したのか、首をひねらされる。

 中国の胡錦濤国家主席は三月末、訪中した日中友好七団体代表団の橋本龍太郎元首相(団長)らと会談し、「日本の指導者が『A級戦犯』をまつる靖国参拝をやめるのなら、首脳会談を開く用意がある」と述べた。秋の自民党総裁選を意識し、次期首相を牽制(けんせい)した発言である。韓国も同じような理由で首脳会談を拒否している。

 日本の政界でも、次期総裁選をめぐり、東アジア外交に絡めて靖国問題を焦点にしようとする動きがある。そんな時期に、経済同友会があえて首相の靖国参拝の自粛を求める提言を行ったことは、中国などの内政干渉に手を貸すことになりかねない。

 同友会は国立追悼碑の建立も提言している。この靖国代替施設構想も中国や韓国に同調したもので、日本国民のコンセンサスは得られていない。

 同友会の幹事会では、「この時期に公表すべきではない」「靖国参拝の再考など促すべきではない」といった異論が続出し、出席した約七十人の幹事のうち十一人が反対したといわれる。多数意見での採択は異例だそうだ。どんな反対意見が出されたのかも、同友会は明らかにしてほしい。

 小泉首相は「(これまで)財界から『参拝してくれるな』という声もあったが、『商売と政治は別だ』とはっきりお断りしている」と述べ、安倍晋三官房長官も「首相の言っていることがすべてだ」と話した。政府の一貫した姿勢を支持したい。

 提言は「中国などアジア諸国に少しでも疑義を抱かせる言動は、戦後の日本の否定につながりかねず、日本の国益にとってもプラスにならない」としている。そういう近隣諸国への過度の配慮が戦後日本の外交を誤らせてきたのではないか。これからは、中国などに疑義を持たれても、言うべきことをはっきり主張する外交が必要だ。

 靖国神社に詣でることは日本の文化であり、日本人の心の問題でもある。誰がいつ、いかなる気持ちで参拝しても、それが妨げられないような静かな環境を保ちたい。

(産経新聞5月11日の社説より)


同友会提言 財界も憂える靖国参拝

 経済団体のなかでも活発な政策提言で知られる経済同友会が、首相の靖国神社参拝に再考を求める「今後の日中関係への提言」をまとめた。

 日本の自主的な判断として、首相が参拝を控えるとともに、「民間人を含む戦争の犠牲者を慰霊し、不戦の誓いを行う追悼碑」を国として建立するよう提言した。私たちも共感できる。

 靖国問題では、同友会の代表幹事だった小林陽太郎・富士ゼロックス最高顧問が、自宅玄関先で火炎瓶が燃やされるなどの脅しを受けた事件があった。小林氏は新日中友好21世紀委員会の日本側座長をつとめ、首相の靖国参拝に対し「個人的にはやめていただきたい」と語ったことがきっかけになったようだ。

 経済界には、靖国問題で発言することをためらう空気もある。小林氏を継いで同友会の代表幹事になった北城恪太郎・日本IBM会長が、この問題を避けずに提言をまとめたことに敬意を表したい。

 日中間の経済交流は拡大を続け、貿易額では04年以来、中国は日本にとって最大の貿易相手になっている。「政冷経熱」と言われるように、政治関係は冷たくても、経済関係は悪くない。

 それでも同友会があえて靖国問題をとりあげたのは、「いずれこの政治関係の冷却化が、両国間の経済・貿易面にも負の影響を及ぼす」という危機感を抱いたからだ。

 同時に、提言はそこにとどまらず、日本の安全と繁栄、東アジア地域の発展といった広い文脈のなかに対中関係を位置づけ、日本の基本戦略として良好な関係を築く必要性を訴えている。

 同友会の内部には「小泉首相は退くのだから、靖国の提言は不要」との意見もあった。しかし、「提言の実施は次の首相にも求める」ことで押し通したという。「ポスト小泉」の総裁選びに影響を与える狙いも込められている。

 納得できないのは小泉首相の対応だ。「財界の人から、商売のことを考えて、(靖国神社に)行ってくれるなという声もたくさんありましたけど、それと政治とは別です、とはっきりお断りしています」と述べた。目先のそろばん勘定からの提言と言わんばかりの態度はあまりに失礼だろう。

 経済財政諮問会議をはじめ、政府の重要な政策を決める会議などに、首相は盛んに財界人を招き入れている。それは、経営の実務を通じて培われた識見や指導力を政治に生かしたいということではないのか。耳に痛い提言は「商売のこと」と片づけてしまうのはフェアでない。

 経済的な利益だけが国益でないことは言うまでもない。けれど、経済発展を支え、障害を取り除くよう努めるのは政治家の基本的な仕事であることを忘れては困る。

 同友会の提言は、日中の自由貿易協定やエネルギーの共同開発、スポーツ・文化交流など多岐にわたっている。両政府とも真剣に受け止めるべきだ。
(朝日新聞社説より)



どう読んでみても、産経新聞の主張の方が分かりやすいと思うのですが・・。
朝日新聞は日本の新聞社ではないように感じます。ここらへんで土下座外交に
終止符を打たなければ、日本に明るい未来などあり得ません。
スポンサーサイト



麻生外相の正しい発言
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 対中国、韓国外交政策転換賛成!麻生外相頑張って下さい!



麻生外相「靖国参拝批判は韓中だけ、気遣う必要なし」

麻生太郎日本外相が26日、小泉首相の靖国神社参拝を問題にする国は地球上で韓国と中国だけだとし気遣う必要はないと主張した。

麻生外相はこの日、金沢で講演し、小泉首相の靖国神社参拝に関連し、アジアで日本が孤立しているという指摘について触れ「靖国の話をする国家は、世界で韓国と中国だけだ」とし両国を批判した。

続き「日本が孤立しているとか好感を受けることができないなどということには気を使わなくてもよい」と主張した。
(朝鮮日報より)


麻生さん・・・素晴らしいです。日本の政治家が中国や韓国の傲岸不遜振りについて発言したのは、初めてじゃないですか。本当に良かった。隠忍の情なんて、中韓両国には通じません。日本は日本の主張をはっきりするべきなのです。両国ともに日本から多額の経済援助を受けながら、反日なんて身勝手です。

特に韓国!これはもう出鱈目、滅茶苦茶な主張です。全く無視しても良いでしょう。中国は日本企業も進出してますので、経済面での提携はある程度は必要でしょうけども・・韓国に妥協する必要があるとは思いません。マスコミがいくら捏造しても、朝鮮半島人に対して良い印象の日本人は少ないですよ。特に若い世代。自虐史観による教育と捏造報道で育っているのに、驚くくらい朝鮮が嫌いです。これが本当の日本人の気持ちなのです。

日本人は大人ですから、別に中国や韓国に滅んでくれなんて言いません。虚構のドラマでさえも核兵器を打ち込んだりしませんよ。対岸で幸せになって下さいね。

あと在日たちを祖国に帰しましょう。もともと不法に渡日してきた輩。遠慮はいりません。もっと不法滞在な外国人に厳しい社会にして下さい。そうすれば治安も少しは良くなるでしょうしね。
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 対中国、韓国外交政策転換賛成!麻生外相頑張って下さい!



テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

女系天皇には反対!
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 万世一系の皇統は尊いものである。国体の護持に尽くそう!


 三笠宮寛仁親王殿下が、女性・女系天皇を容認することについて、異議を唱える趣旨の随筆をお書きになっています。

 身内の小冊子でのプライベートなひとり言と断りながら「世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのか」と発言されています。

 随筆には「皇統が貴重な理由は、神話の時代から連綿として一度の例外も無く、『男系』で今上陛下迄続いているという厳然たる事実」と指摘。さらに「古代より国民が『万世一系の天子様』の存在を大切にして来てくれた歴史上の事実とその伝統があるが故に、現在でも大多数の人々は、『日本国の中心』『最も古い家系』『日本人の原型』として、敬って下さっている」と述べたうえで、皇位継承の男系主義を崩すと「いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄発展するのでは」



有識者会議の吉川座長は、三笠宮殿下のお考え、ご意見に対して気にしないとか、皇族の意見を聴く気はないとか戯言を言っていました。貴方は一体何者ですか?天皇の何たるかを、きちんと学んでいるのでしょうか?ロボット工学が専門の人に皇室の何が分かるのでしょうか?

有識者会議のHPの中に、こんな一文がありました。
「古代以来の伝統のほか、過去60年の伝統もまたたいへん重い伝統である」
???????????????????????????????
子供でも分かりそうな算数ですよ。50年間受け継がれてきた老舗の旅館と2000年前からある旅館(現実にはあり得ないですが)どちらの伝統や歴史に重みを感じるのでしょうか?

伝統とは、先人たちが必死に守ろうとして守ってきた文化です。日本人が代々受け継いできた魂の遺産と言っても良いでしょう。万世一系の男系による皇位継承を、どれほどの人々が祈り、願ってきたことだと思うのですか?男女平等とかの一般社会の風潮を、皇室に当てはめることには無理があります。ローマ教皇に女性が即位するのが、時代の流れだから当然だと思いますか?カトリックの神父も女性に解放しますか?あり得ない話ですよね。そこには厳然として守られてきた、一線を超えてはならないモノが、目には見えないが存在しています。

 女系を是認するというものは、超えてはならない一線を遥かにオーバーランしているのです。世界で最も古い家柄である天皇家を、この時代の都合や一部の気狂いだけで壊すことは許されない暴挙であると思います。

 皇族、旧宮家(GHQの都合で皇籍を剥奪、本来は皇族)の方々は、恐れずに声をあげて頂きたく存じます。真誠の日本人は、歴史ある皇統の存続を、切に願っております。

人気blogランキング

人気blogランキングへ
 万世一系の皇統は尊いものである。国体の護持に尽くそう!

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

今こそ国体の護持を!
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 万世一系の皇統は尊いものである。国体の護持に尽くそう!


昭和天皇がマッカーサー元帥と会った時のこと

政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負う者として、私自身をあなたの代表する諸国の採決にゆだねるためにおたずねした。」このことは、マッカーサーとの約束を守られ、十年後にマッカーサーの口から初めて明かされるまで、他言されませんでした。マッカーサーは、「もし国の罪をあがなうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申しでる、この日本の元首に対する占領軍司令官としての私の尊敬の念は、その後ますます高まるばかりでした』
(マッカーサー元帥の回想録より)


昭和天皇に関しては、いくつかのエピソードがありますが、やはりこの事例が一番よくお人柄を
あらわしているように思います。現代では、政治家や官僚は無論のこと、責任をとるべき立場の
者が責任逃ればかりしているのが当たり前の中、昭和天皇のご発言は、まさに天皇のなんたるかを如実に示しているように感じられます。

 このことこそ、万世一系の脈々たる皇統の中でこそ培われていった光輝ある精神の発露と
言えるのではないでしょうか。敵国の司令官でさえも、尊敬を覚える程の昭和天皇。我々は
誇りとすべきであると思います。



あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの
海のごとくに 波たたぬ世を


やすらけき 世を祈りしも いまだならず 
くやしくもあるか きざしみゆれど



陛下がどれほどに、平和というものを祈願していたことを如実に示してくれる御製です。
いまだに昭和帝の戦争責任がうんぬんかんぬんという方たちは、この和歌を読んで、その
自愛と平和を希求された御心を、少しでも察してください。

 そして多くの若い方たちが、天皇家の民草を想う心を知ることが大事です。この大切な尊いものを国民全員で守っていきたいものです。
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 万世一系の皇統は尊いものである。国体の護持に尽くそう!


テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

神風特別攻撃について
人気blogランキング

人気blogランキングへ
 特攻隊の英霊に恥じない日本でありたい!


 帝国海軍中将 大西瀧治郎  昭和19年10月20日

「日本はまさに危険である。この危機を救いうるものは、大臣でも軍令部総長でも、私ごとき長官でもない。それは諸子のような若く純粋で気力に満ちた人たちである。従って自分は一億国民に代わって皆にお願いする。皆の成功を祈る。皆は既に神であるから、世俗的な欲望はないだろうが、もしあるとすれば、それは自分の体当たりが成功したかであろう。皆は永い眠りにつくのであるから、我々もその結果を知らせることは出来ない。諸子の戦果はかならずみとどけて上聞に(じょうぶん)に達するようにする。しっかり頼む」
(特攻隊 敷島隊への挨拶)

大西瀧治朗中将の遺書
特攻隊の英霊に日す 善く戦ひたり
深謝す 最後の勝利を信じつつ肉弾として散華せり
然れ共其の信念は遂に達成し得ざるに到れり 吾死を以て旧部下の英霊と其
の遺族に謝せんとす
次に一般青少年に告ぐ 我が死にして軽挙は利敵行為なるを思ひ聖旨に副ひ
奉り自重忍苦するの誡ともならば幸なり 隠忍するとも日本人たるの矜持を
失ふ勿れ 諸子は国の宝なり 平時に処し猶克く特攻精神を堅持し日本民族の
福祉と世界人類の為 最善を尽くせよ
(終戦後、自決。遺書)


自ら体当たりする特攻には、色々賛否両論があるとは思いますが、大西中将は、神風特別攻撃隊の創始者です。多くの前途ある若者を、死地に追いやったことを慙愧していたことは、遺書を見れば想像に難くはありません。

 組織として、時には非人道的な命令や判断を下さなければならないことは、残念なことに現代に至っても、ままあることのように思われます。しかし、その断を下したものが、きちんと責任を
取るようなことが多くあるようには思いません。特に現在は、一時の浮利に惑わされたりして、
我利我利亡者な組織人が多いと思いませんか?

 大西中将は、少なくとも「後から俺もいくぞ」を守ったようです。部下だけを死地に追いやった
のではないことは、評価しても良いと思います。組織で多くの部下を持つ方!決して部下を
蜥蜴の尻尾切りで切り捨てていくことのないようにお願いします。いざという時に責任を取る
ヒトには、例え無茶な命令でも付いていくものですよ。


人気blogランキング

人気blogランキングへ
 特攻隊の英霊に恥じない日本でありたい!






テーマ:戦後60周年 - ジャンル:政治・経済